ビットコインFX週間トレード報告(2018年1月1日〜7日)

ビットコインFX週間トレード報告(2018年1月1日〜7日)

どうもこじりょー(@kojiryoinvestor)です。

ビットコインFX今週のトレード結果と反省点をご紹介します。

2018年1月1日〜7日までのトレード結果

2018年1月1日から7日までのトレードした回数は4回です。

合計4回のうち勝ちトレードが1回で負けトレードが3回でした。

総損益は-430円という大敗北です。

スポンサーリンク


今週の反省点

地合いが悪い時はデイトレードでエントリーしない

年明けからビットコインFXの出来高は低く、ブレイクしても上昇の勢いが弱いという場面が多かったですね。

そのためブレイクしてもすぐレンジ相場に入り、目標の利食いラインまで上昇するのにかなり時間がかかっていました。

 

地合いが悪い相場は値幅も大きく狙いにくくなるので、デイトレードには向かないということがわかりました。

ただ今週のビットコインの価格は190万から220万までゆっくり上昇していったのでスイングトレードなら大成功でしたね。

「ダマシ」に引っかかる

1月7日、三角保ち合いのブレイクを確認し232万でロングでエントリーしたところトレンドにならず反転していきました。

価格は損切りラインに決めていた228万まで下落したため損切りしました。

その後ビットコインFXの価格は1月8日の12時点で222万まで下落したので損切りは成功でした。

ただぼくがエントリーを判断したブレイクは大口(機関投資家)による意図的なものでしたね。

三角保ち合いからのブレイクにしては出来高は増加していませんでしたし。

まんまと「ダマシ」に引っかかったわけです。

ブレイクが発生したと思った時は必ず出来高も確認する必要があるという学びを得ました。

さっそく「出来高分析」を勉強して記事にまとめました。

ビットコインFX相場のチャンスとダマシを見抜く出来高分析

おわりに

2018年に入りビットコインFXの相場は難しくなったような気がしますね。

日々自分のトレードを見直し進化させて行かないと、永遠に勝ちトレーダーになることはできないと痛感しました。

Dapps開発のチュートリアル動画

Dapps開発のチュートリアル動画をYoutubeで公開しています!

よろしかったらチャンネル登録をよろしくお願いします!

ビットコインFXトレード日誌カテゴリの最新記事