ビットコインFX結果+4600幅!三角保ち合い下降ブレイク

ビットコインFX結果+4600幅!三角保ち合い下降ブレイク

どうもこじりょー(@kojiryoinvestor)です。

今回は三角保ち合いの下降ブレイクでショートエントリーして約+4600幅を獲得しました。

ただ4月1日の相場でこの利幅は小さすぎましたね。

ではトレードを振り返っていきたいと思います。

トレード分析

三角保ち合い下落ブレイクを確認

レジスタンスラインとサポートラインを引いたところ相場は三角保ち合いを形成していました。

その後、相場は三角保ち合いを下降ブレイクします。

この時点ではエントリーせず、戻り値でどうなるかを確認したいため様子を見ました。

スポンサーリンク


戻り値を確認してエントリー

相場は三角保ち合いを下落ブレイクして戻り値でサポートラインまで戻ってきました。

戻り値はサポートラインを超えず反発したため、この時点でサポートラインがレジスタンスラインに変わったとみてショート(75万5千)でエントリーします。

損切りはレジスタンスラインにタッチするあたり(76万)を根拠の否定として、損切りに設定しました。

利食いは、この時点まで安値が上がってきておりそこまで下がらないと考え、戻り値が始まったあたり(75万)を利食いに設定しました。

早すぎた利食い

75万5千でショートでエントリー後、予想通り価格は下落していき予定通り75万付近で利食いしました。

この結果、約+4600幅を獲ることができました。

取引量は0.01btcで取引したので+46円です。

しかしこの利食いは早すぎました。

利食い後、相場は76万まで戻るも夜にかけて68万まで下落していきました。

さすがにここまで予測することはできませんでしたが、1万3幅ぐらいはまでは利幅を伸ばすことができた相場でした。

おわりに

個人的にはエントリーのタイミング悪くなかったと思っています。

ですが今回獲得できた利幅が+4600幅という小さい利益となりました。

もうちょっと大局をみたテクニカルの分析をして、エントリーを増やすなり、おおきく利幅を狙うトレード戦略を考えたりといったことをしていく必要がありますね。

Dapps開発のチュートリアル動画

Dapps開発のチュートリアル動画をYoutubeで公開しています!

よろしかったらチャンネル登録をよろしくお願いします!

ビットコインFXトレード日誌カテゴリの最新記事