仮想通貨とは?始めるなら知っておきたい基礎知識

仮想通貨とは?始めるなら知っておきたい基礎知識

どうもこじりょー(@kojiryoinvestor)です。

この記事では仮想通貨とは何かについて解説していきます。

仮想通貨って、どういうものなのかとてもわかりづらいですよね。

この記事では仮想通貨が誕生した目的から利用用途までを、テクノロジーに詳しくない方でもできるだけわかりやすく理解できるように解説してみました。

仮想通貨がどんなものなのかを理解する際の参考にしていただければと思います。

仮想通貨とはお金の価値をもつデータ

お金の価値を持つデータ

僕たちはインターネットを利用して写真や動画を見ますよね。

写真や動画のようにインターネット上で表現されているものは全てデジタルデータです。

インターネットで動画を見るときは動画データを利用し、写真なら写真データを利用しているのです。

では仮想通貨とは何か。

簡単に言えば、インターネット上で利用できるお金の価値を持つデータです。

電子マネーと仮想通貨の違い

「Suica」などの電子マネーも仮想通貨と同様にお金の価値をもつデータです。

ですが、電子マネーと仮想通貨には違いがあります。

電子マネーにはそのシステムを管理する組織が存在し、支払いの利便性を高める目的で誕生した決済システムです。

一方で仮想通貨は、特定の管理者が存在しなくても自律的に動く非中央集権的なシステム実現する目的で誕生しました。

非中央集権的なシステムとして代表的なのがビットコインです。

ビットコインは特定の管理者なしで自律的に動く決済システムです。

従来的な考え方で言えば、アプリやサービスにはそれを提供し運用する会社などがありますよね。

ですがビットコインを含む非中央集権的なシステムは、特定の管理者がいなくても自律的に動くシステムです。

特定の管理者がいなくても自律的に動くシステムを実現するために仮想通貨は利用されているのです。

スポンサーリンク


仮想通貨の使い道

ブロックチェーン技術を動かす燃料

特定の管理者がいなくても自律的に動く非中央集権的なシステムを実現する手段として現在主流なのがブロックチェーンです。

ブロックチェーンは仮想通貨を報酬とすることで、非中央集権的なシステムを動かすためのネットワークインフラを世界中の人たちから集めます。

仮想通貨の報酬を目的に世界中の人たちが集まりネットワークを維持することで、特定の管理者がいなくてもシステムが動く仕組みを実現しています。

このように仮想通貨はブロックチェーンネットワークを維持する動機付けに使われているのです。

独自の経済圏をつくる手段

仮想通貨はブロックチェーンを維持する燃料になるものと、誰もが独自に発行できるものがあります。

この独自に発行できる仮想通貨をトークンと言います。

トークンの利用用途として代表的なのが「DApps」です。

ブロックチェーン技術は非中央集権的なシステムを実現する基盤としてだけでなく、ブロックチェーンを基盤としたアプリケーションを生み出すこともできます。

ブロックチェーン技術を基盤にしたアプリケーションは「DApps:ダップス・ディーアップス(Decentralized Applications)」呼ばれます。

建築で例えると、土台がブロックチェーンでその上に建てられる建物がDappsです。

それぞれの建物(Dapps)では独自のトークン(仮想通貨)を発行して、建物内(Dapps)で利用することができます。

利用者はDAppsを利用することでトークンを得たり、手数料として支払うことができます。

また、手に入れたトークンはビットコインなどと交換して法定通貨に交換することができます。

このように仮想通貨(トークン)を使ってお金の流れ(エコノミー)をつくることをトークン・エコノミーと言います。

仮想通貨は独自の経済圏をつくる手段としても使うことができるのです。

まとめ

・仮想通貨は非中央集権的なシステムを実現する目的として誕生

・仮想通貨はブロックチェーン基盤を動かす燃料として利用されている

・仮想通貨は独自につくることができ、これをトークンと呼ぶ

・仮想通貨は独自の経済圏をつくることができる

Dapps開発のチュートリアル動画

Dapps開発のチュートリアル動画をYoutubeで公開しています!

よろしかったらチャンネル登録をよろしくお願いします!

仮想通貨のはじめかたカテゴリの最新記事