プロフィール

自己紹介

基本情報

名前小島 凌(kojima ryo)
生年月日1992年7月14日
現住所東京都
GitHubhttps://github.com/kojimaro
Twitter@kojiryoinvestor
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCvKEoC0DVwmIcbtGUHfWELw
技術ブログhttp://kojiryo.com

概要

東京工科大学卒業後、教育関連の自社サービスの開発・運営を行なっているベンチャーで、サーバーサイドエンジニアとして11ヶ月勤務。

  • Phalcon(PHP)を使ったWebAPIの開発
  • MySQLでのテーブル設計
  • 社内向けWebアプリケーションの改修・追加開発
  • マルチデバイスに対応したLPページのコーディング

個人で仕事をしたくなり、フリーランスとしての独立を目指し退職するも、退職後エンジニアとして働く意欲を失う。

その後3年間、駐輪場の巡回業務のアルバイトをしながらエンジニア以外の道を模索する。

仮想通貨のトレードを入り口にブロックチェーンを知り、その技術に惹かれて探究したくなり個人で情報発信を行う。

現在はEthereum関連のR&Dとブロックチェーンの教育を個人の事業として行うことを目標に活動中。

制作物

Solidity-Play-Ground

URLhttps://kojimaro.github.io/solidity-play-ground-sample/

概要

ブラウザ上でSolidityの学習を支援するアプリケーションです。

GanacheやGeth等のクライアントがあれば、学習で作成したコントラクトをプライベートネットへデプロイがすることができます。

実際に作成したコントラクトをコンパイル・デプロイして動かしてみることで、実践的な学習を支援します。

2019年3月時点でまだ開発中です。

システム構成

フロントエンドReactMaterial-UI
Solidityコンパイラーsolc.js
デプロイツールethers.js

Token-URI-Creator

URLhttps://kojimaro.github.io/tokenURI-creator/
GitHubhttps://github.com/kojimaro/tokenURI-creator

概要

ERC721トークンのtokenURIを作成できるツールです。

tokenURIの作成には、Metadataを記述したJSONを返す専用のAPIサーバーを自前で用意する必要があります。

ちょっと動かしたいだけのためにAPIサーバーを用意するのは手間です。

そこで分散ストレージIPFSにtokenURIのMetadata(画像とJSON)をアップロードして、tokenURIを返すAPIサーバーの役割を担ってもらうことができます。

システム構成

フロントエンドReactMaterial-UI

Distributed Storage Manager

URLhttps://ipfs.io/ipfs/QmYMa3XswedHQ4UK9fX2aJ676y1FnwTjYZ1uYXUsY5L7Bq/
GitHubhttps://github.com/kojimaro/dsm

概要

分散ストレージIPFSにWebサイト(ディレクトリ)をアップロードするツールです。

IPFSはWebサーバーとして利用することができるため、Webページのディレクトリを用意してアップロードすれば、誰でもWebサイトを公開することができます。

またD.S.Mでは、IPFSから返ってきたハッシュ値をEthereumのアカウントアドレスに紐づけて管理することができます。

フロントエンドReactMaterial-UI
ブロックチェーンEthereum(Ropstenテストネット )

スキル

フロントエンド

HTML

Javascript

Angular

Material-UI

CSS

React

Bootstrap

サーバーサイド

CakePHP

Node.js

CentOS

Phalcon

MySQL

UNIXコマンド

ブロックチェーン

Ethereum

Solidity

Web3.js

geth

swarm

Truffle

OpenZeppelin

ethers.js

IPFS